クレジットカードにあるセキュリティーコードの意味

店頭での支払いの時なら気になりませんが、ネット通販でカード払いを選択すると、クレジットカードのセキュリティコードの入力を促されます。
セキュリティコードとは、そのカードを実際に所持しているかを確かめるのに使われます。

カード番号や有効期限などは誰でも確認しやすく、カードを持っていなくても入力可能な情報です。

セキュリティコードを用いることで、カードの不正利用を防ぐ確率を高めることが可能です。



普段からネット通販でカード払いを利用していないと、セキュリティコードなど知らないという人も出てきます。
調べるのはとても簡単で、クレジットカードの裏面を見れば目的の3桁の数字を確認することができます。

しかし、アメックスに限ってはカードの表面に4桁のセキュリティコードが記載されていますので注意しましょう。
古いクレジットカードを所持していると、セキュリティコードの記載がない例も存在します。

かなり前の話ですので、継続してカードの契約をしているのであれば、更新時に新しく届いたカードに記載されている可能性が高いといえます。



裏面、もしくは表面を確認してみてください。

セキュリティを高めるためにも、セキュリティコードは他人に教えないようにしてください。

ネット通販で勝手にカードを使用される危険がとても高くなります。

店頭で店員にセキュリティコードを盗み見られる心配があるものの、店員が不正利用するとバレる可能性が非常に高いため、気にする問題ではありません。



Copyright (C) 2017 クレジットカードにあるセキュリティーコードの意味 All Rights Reserved.