クレジットカードのリボ払いの特徴と注意点

クレジットカードのリボ払いは毎月の支払い額が一定なので計画的な返済がしやすい便利なものですが、支払い額が変わらないことで無計画な利用をして返済が困難になる原因にもなるので利用には注意が必要です。

クレジットカードのリボ払いの支払い額は残高に応じて段階的に変化するもの、残高に関係なく設定した金額ずつ支払うものなどがあります。

毎月の支払い額を抑えられるので一見すると便利に見えますが、支払いを先延ばしにしているだけであり、手数料は安くありません。

支払い期間が長期化してしまう傾向があり、そのままにしているといつまでも返済が終わらずに手数料の総額が高くなる問題点があります。



リボ払いの危険性を回避する方法として、リボ払いの支払い額を切り替えられるクレジットカードであれば余力に合わせてコースを変更し、早めに残高を減らすようにすると良いでしょう。
また、繰り上げ返済を使って残高を減らしていくことも有効です。



なお、繰り上げ返済の方法はカード会社によって異なり、事前連絡や手数料が必要になることもあります。

また、知らない間にリボ払いになっていたということがないように注意しましょう。


クレジットカードには支払い方法としてリボ払いを指定できるもの、引き落とし日の前に切り替えをできるもの、リボ払い専用のものなどがあります。
特典に釣られてカードの仕組みを十分に確認せずに、リボ払い専用のカードを作ってしまわないようにします。



Copyright (C) 2017 クレジットカードのリボ払いの特徴と注意点 All Rights Reserved.