クレジットカードは集中か使い分けか

クレジットカードを使用する場合、一枚のカードに集中をさせるかあるいは使い分けたほうが良いのかということが問題となりますが、これはケースによってことなってきます。

例えば普段から特別良く利用をするという店がなく、わざわざ使い分けるほどにカードを保つ必要が無いというのであれば1枚に集中をさせたほうが効率がいいといえますし、年間のクレジットカードの使用量がそれほど多いわけではなくあまりポイントがたまらないというのであればカード自体の特典を重視して複数枚を使い分けたほうが良いといえます。



実際にはメインのカードを用意してサブを一枚か二枚ぐらい持つというのがバランスが良いものとなっているので、よく利用をする店でお得なカードなどがないかということを確認をした上で使い分けてみるのが良いでしょう。

メインに使うクレジットカードは還元率が高いものを選択してサブとして、よく利用をする店で得をする物を選ぶというものがあります。日用品を購入するためのスーパーで発行されているカードの中には特定の日に割引になるといった物がよくありますから、スーパーで買い物をするときにはそれを利用して他の場所ではメインを利用するというやり方があります。



もちろん、これは一例でしかないので人それぞれベストの使い方というのがあるため、集中をさせるのが一番、使い分けるのが最善といった固定観念を持たずによく考えて一番得をすることができる方法を選んでみるのが一番です。



Copyright (C) 2017 クレジットカードは集中か使い分けか All Rights Reserved.