クレジットカードにはサインをする

クレジットカードを持っている人は、裏面の「ご署名」という場所にサインをしなければなりません。

自分の持ち物だと分かっているからあえて名前は書かないという考え方の人もいますが、名前のサインがあって始めてそのクレジットカードが本人の物であることを証明できます。
名前のサインがない場合、お会計を済ませることができないことも考えられます。

起こりやすいのは海外旅行に行った時です。



日本よりも欧米はクレジットカードが個人の信用度を表す物という認識が強いので、サインのないカードは責任者不在と見なして買い物を拒否することがあります。


海外ではフルネームを漢字にするかアルファベットにするか迷ってそのままにしていることも多いですが、店側に信用してもらうためにもサインが必要です。



買い物をする時にもサインを行うので、ご署名欄にはいつも書き慣れている漢字のサインを書いておくと安心です。その他にはローマ字にしたりイニシャルにしたりする人もいます。

海外ではサインが丁寧であることは重要視していないので、適当な文字を書くこともあります。
簡単なサインにすると偽造されやすくなりますが、サインの偽造はクレジットカード会社の補償範囲に含まれています。



そもそも利用規約にはサインをするようにと指示されています。

破損や盗難などで手続きをしなければならない時に、カードが本人の物であると分かっていてもサインが無かっただけで補償の対象外になってしまいます。

Copyright (C) 2017 クレジットカードにはサインをする All Rights Reserved.