クレジットカードの裏のサインについて

クレジットカード本体の両面には、有効期限など様々な情報が書かれていますが、所持者本人を確実に特定する方法は一般的に利用時にサインをするか、暗証番号の入力しか方法がありません。ただし、一部の高いセキュリティシステムを導入している店舗では、カード所持者があらかじめ設定した秘密の質問によって、2重の本人確認をする場合もあります。



その中でもやはり本人確認をする手段として昔から1番利用されてきた方法が、サインによるものです。

利用者の中には海外でクレジットカードを利用することも考えて、あらかじめ英語でサインをした方が良いのではないかと考える方もおられます。

しかし、結論から先に言うと漢字でも全く問題がありません。


むしろ漢字でのサインを推奨するほどです。

海外の加盟店でクレジットカード使う場合には、現地の人がその漢字を読む必要は全くなく、カードのサインと購入時のサインが同じかのみを確認しているだけだからです。


さらに、普段描き慣れない英語でクレジットカードにあらかじめサインをしてしまった場合、利用時に同じサインと判断されなかったり、それを回避するためにパソコンの文字のような綺麗なサインをすると紛失時などに他人に簡単に真似をされてしまう危険性すらあります。



そのため、クレジットカードのサインは普段描き慣れたものが最適であり、世界中で一部の人しか使わない漢字でのサインがセキュリティ面から見ても高くお勧めとなります。



Copyright (C) 2017 クレジットカードの裏のサインについて All Rights Reserved.