クレジットカードをなくした時の対処のしかた

クレジットカードをなくすと大変です。「もしかして誰かに使われたらどうしよう」まっさきに頭に浮かぶことです。まず、何をおいてもなくしたと思ったら、クレジットカードの発行会社になくしたことを連絡してください。カード会社には、専用の受付電話番号が指定されています。



クレジットカードには、決済機能を有するマスター、VISA、JCBというブランドがあります。この会社ではなく、発行会社の盗難・紛失の窓口に連絡をいれ、カードが利用されないように利用停止の処理を依頼してください。
最近は、複数枚のカードを所有している人が、多いので事前に連絡先を控えておくととっさの場合に便利です。

窓口は、年中無休、24時間受付をしています。

なくしたら何をおいても連絡を優先してください。
カード会社に連絡をいれたら、その日のうちに警察に紛失届を提出しに行きましょう。



クレジットカード会社に連絡を入れた時点で利用は停止されますが、それ以前に利用されたものを補填してもらうには警察への届け出が必要になります。
ほとんどのクレジット会社では、カード発行時に盗難補償が付帯してありますので、届け出日より前後60日間の不正利用分はカード会社が負担してくれます。

警察署で取得した紛失届の受理番号を連絡をいれたカード会社に報告をいれます。その日の間にできればここまでは必ず対処します。


後日、カード会社から紛失にかかわる書類が送られてきます。
不備のないように記入してすみやかに返送します。

後回しにしてはいけません。

なくしたかどうかわからないケースもあるかもしれませんが、何より重要なのはカード会社への連絡、警察署への届け出であること。



あわてないで、確実にこの対処だけはすませましょう。

Copyright (C) 2017 クレジットカードをなくした時の対処のしかた All Rights Reserved.